株式会社ピーエム・アラインメントは
R.E.P.(PMI®登録教育プロバイダ)です。

「PMI Registered Education Provider」ロゴ、「PMI」、「PMP」、「PMBOK」は、Project Management Institute, Inc. の登録商標です。
PM教育サービス
各コースの紹介 プロジェクトマネジメント基礎

【目 的】
ITプロジェクトマネジメントを体系的に学び、プロジェクトマネジメントに必要な基礎技術とプロジェクトマネジメント技法を習得する。
これにより、モダン・プロジェクトマネジメントの感覚を身に付ける。

【内 容】
  1.プロジェクトマネジメント最新動向
  2.ITプロジェクトマネジメント
  3.プロジェクト失敗の原因
  4.契約業務の視点
  5.PMBOK®とは
  6.プロジェクトマネジメント・プロセス解説
  7.演習

【コース日数】
1日



プロジェクト計画作成演習
【目 的】
プロジェクト計画の必要性を理解し、ケーススタディを題材とした計画書を作成することにより、プロジェクトを成功に導くポイント(計画の遵守)を理解する。

【内 容】
  1.プロジェクト計画の概念
  2.プロジェクト計画作成プロセス
  3.WBSの作成方法
  4.スケジュール作成技法
  5.プロジェクト実施計画の作成
  6.プロジェクト実施計画書作成規定(例)
  7.プロジェクト実施計画書作成ガイド(例)
  8.ケーススタディ「プロジェクト実施計画書作成」
  9.プロジェクト実施計画書の運用ポイント
  10.PM支援ツールの活用ポイント

【コース日数】
1日



プロジェクトマネジメント実践
【目 的】
監視・コントロールに焦点を当て、ケーススタディ(失敗事例)を通してプロジェクト・マネジャーが管理面で留意すべきポイント(実績報告、問題管理、変更管理、コミュニケーション管理、品質管理)を理解する。

【内 容】
  1.ケーススタディ(失敗事例)
  2.結果発表(PCまたはOHP使用)・講評
  3.プロジェクト監視・コントロールのポイント
  4.プロジェクトマネジメント力強化の実際

【コース日数】
1日


アジャイルプロジェクトマネジメント基礎
【目 的】
企業全体のアジャイル(エンタープライズアジャイル)も視野に入れて、アジャイルプロジェクトマネジメントの基礎を学ぶ。

【内 容】
  1.はじめに
  2.アジャイル概要
  3.アジャイルとPMBOK®ガイドの関係
  4.アジャイルプロジェクトマネジメント
  5.ステークホルダーとアジャイルプロジェクト・マネジャー
  6.エンタープライズアジャイル・プロジェクトマネジメント
  7.おわりに

【コース日数】
1日


提案・見積実践
【目 的】
ケーススタディを通して、ITプロジェクトを成功に導く提案書作成と、精度の高い見積スキルを身に付ける。

【内 容】
  1.要求仕様の明確化
  2.提案活動の概要
  3.提案書作成のポイント
  4.見積作成のポイント
  5.FP(ファンクションポイント)法の概要
  6.SPRファンクションポイント法による算出
  7.ケーススタディ(見積作成)
  8.初期段階での見積精度を高めるには

【コース日数】
1日



プロジェクト・マネジャーのための人間系スキル強化

【目 的】
プロジェクト・チームを効果的にマネジメントするために必要な人間系スキル(人間関係スキルと行動特性)を向上する。

【対 象】
経験あるプロジェクト・マネジャー、チーム・リーダー、部門管理者の方。

【内 容】
  1.ITプロジェクト・マネジャーの成功条件
  2.優秀なプロジェクト・マネジャーのコンピテンシー
  3.PMコンピテンシー診断
  4.PMコンピテンシー向上アプローチ
  5.プロジェクトにおけるリーダーシップ
    グループ演習1:ERP導入プロジェクトにおけるリーダーシップ
  6.プロジェクトにおける問題解決力
    グループ演習2:問題プロジェクト原因分析
  7.プロジェクトにおけるチーム形成
    グループ演習3:休暇プランの作成
  8.プロジェクトにおける達成と行動
    グループ演習4:文具購入システム構築プロジェクトにおける達成重視
  9.プロジェクトにおけるコミュニケーション

【コース日数】
1日



問題プロジェクト原因分析
【目 的】
問題化したプロジェクトの原因を分析技法に基づき分析し、その教訓から成功へのプロセスを学ぶ。

【対 象】
プロジェクト・リーダー/マネジャー経験の方、PMOの方。

【内 容】
  1. 問題プロジェクトの原因分析とは
  2. 問題分析技法
  3. プロジェクト運営における問題原因分析
  4. 問題分析実施例
  5. ケーススタディ(問題プロジェクト原因分析)

【コース日数】
1日



リスク・マネジメント実践
【目 的】
ケーススタディを通じて、プロジェクトにおけるリスクを識別・分析し、対応策を策定する方法を身に付ける。

【前提条件】
「プロジェクトマネジメント実践」研修を受講済みであること。

【内 容】
  1.リスク・マネジメントの概要
  2.リスク・マネジメント計画
  3.リスク特定
  4.定性的リスク分析
  5.定量的リスク分析
  6.ケーススタディ1(要件定義完了時点)
  7.リスク対応計画
  8.リスク監視とコントロール
  9.リスクとリスクマネジメントの具体的な事例
  10.ケーススタディ2(基本設計完了時点)

【コース日数】
2日



リスク・マネジメント実践(ITサービス編)
【目 的】
ITサービスを検討・活用する過程で内在する不確実性(リスク)を識別・ 分析し、対応策を策定する方法をケーススタディを通じて身に付けることを目的とします。

【前提条件】
「プロジェクトマネジメント実践」研修を受講済みであること。

【内 容】
  1.ITサービス・リスク・マネジメントの概要
  2.リスク・マネジメント計画
  3.リスク特定
  4.定性的リスク分析
  5.定量的リスク分析
  6.ケーススタディ1(本番トラブルから学ぶ)
  7.リスク対応計画
  8.リスク監視とコントロール
  9.リスクとリスクマネジメントの具体的な事例
 10.ケーススタディ2(問題山積のITサービスからリスクを読み解く)

【コース日数】
2日




IT品質マネジメント実践
【目 的】
当コースは、中規模以上あるいは複雑度の高いプロジェクトにおいて、プロジェクトの成果物、及びプロジェクトのマネジメントそのものに対して顧客の品質要求を満たすための品質マネジメントプロセスの適用技法に関する知識の習得を目的とします。

【内 容】
  第1章 ソフトウェア・システム測定の重要性
  第2章 品質計画
      演習1:情報ニーズの決定
      演習2:情報ニーズの対応付け
      演習3:実現可能性の分析
  第3章 品質保証
  第4章 品質管理
      演習4:実績の分析

【コース日数】
1日

【ゴール】
 ・顧客ニーズに基づき、ソフトウェア測定の優先順位付けができます
 ・品質計画を中心にプロジェクト計画の実現可能性分析ができます
 ・実績の分析ができます
 ・トレード・オフの考え方が理解できます
 ・PMBOK®ガイドの品質マネジメント概要が理解できます



IT品質マネジメント実践(ITサービス編)
【目 的】
当コースは、ITサービスマネジメントの内部改善を行う際に必要である測定計画、実績の分析を中心に、客観的事実に基づいた意思決定を行うための具体的なノウハウの習得を目的とします。

【内 容】
  第1章 システム測定の重要性
  第2章 品質計画
      演習1:情報ニーズの決定
      演習2:情報ニーズの対応付け
  第3章 品質管理
      演習3:実績の分析

【コース日数】
1日

【ゴール】
 ・客観的事実に基づいた意思決定の重要性が理解できます
 ・顧客ニーズに基づき、システム測定の優先順位付けができます
 ・実績の分析ができます



調達マネジメント実践
【目 的】
ITベンダー管理に際し、発注側に必要な知識を習得する。さらに、失敗事例を取り上げ、プロジェクト・マネジャー及び発注担当者が管理面で留意すべきポイントを学ぶ。

【前提条件】
「プロジェクトマネジメント実践」研修を受講済みであること。

【内 容】
  1.調達マネジメントの位置付け
  2.ソフトウェア請負業務の実際例
  3.発注者に求められるスキルとは
  4.調達計画
  5.調達実行
  6.調達管理
  7.調達終結
  8.ITベンダー管理におけるリスク
  9.ケーススタディ(協力会社管理トラブル)

【コース日数】
1日




FP法による見積実践
【目 的】
要求仕様書をもとに、FP(ファンクションポイント)法による開発システムの規模と、規模に基づいた開発工数を見積もるべきポイントを学ぶ。

【前提条件】
システム開発の経験または同等の知識があること。

【内 容】
  1.見積とソフトウェア規模の測定に関する問題点
  2.FP法概説
  3.FP法(IFPUG法)の測定手順と規則
  4.開発工数の算出と開発後の実績評価
  5.機能改良時のFP測定
  6.オープン/CSS分野への適用
  7.その他のFP法
  8.FP算出の利用と普及

【コース日数】
1日




プロジェクト・パフォーマンス分析実践
【目 的】
システム開発プロジェクトにおいて、プロジェクト・パフォーマンスの測定と分析プログラムの開発と運用の原理と実践知識の習得を目的とします。

【内 容】
  1.パフォーマンス測定・分析の重要性と枠組みの説明
  2.パフォーマンス測定・分析・評価の説明(作成プロセス、記述要領)
  3.主要10テーマの測定・分析のポイント(工数増加、スコープ拡大など)
  4.ケーススタディ『設計段階、テスト段階での分析評価』

【コース日数】
1日

【講師からのメッセージ】
「HOW TO」情報を提供するだけではなく、「WHY」の動機付けを提供し、同時に複雑なソフトウェアプロジェクトの状態を可視化する意義と、問題状態を特定し、制御する診断情報の価値を理解することができます。また「やみくもに突き進む」ことのリスクが理解できます。



ステークホルダー・マネジメント実践
【目 的】
プロジェクトに関与し、成功の重要な要素になるステークホルダーを理解し、影響力を発揮してステークホルダー(エンドユーザー、システム会社、など)の満足度を上げる方法を習得する。

【内 容】
  1.時代の変化を読む
  2.影響力を発揮する科学的裏付け
  3.ステークホルダーの特定方法
  4.ステークホルダーの期待のマネジメント
  5.実践事例研究:「大規模金融制度改革プロジェクト」
  6.実践演習:「権限が使えぬPMのあなたは、どう難局を乗り切るか?」
    演習

【コース日数】
1日



PMP<sup>®</sup>試験対策講座
【目 的】
PMBOK®ガイドの内容理解と模擬問題により、PMP®資格試験に合格するために必要な知識を習得する。

【前提条件】
プロジェクト開発・管理経験(プロジェクト・リーダー以上)があること。

【内 容】
  (1)PMP®資格概要
  (2)PMP®資格試験の要点
  (3)プロジェクトマネジメントの枠組み
  (4)プロジェクトマネジメント知識エリアの解説
  (5)出題傾向と対策
  (6)模擬試験
  (7)受験準備の方法

【コース日数】
3日

【講師からのメッセージ】
PMP®資格試験は、受験者のプロジェクト経験とPMBOK®の知識が関連付けられる部分と、より広範なPM知識を求められる部分とがあります。本講座ではその両方に対応するよう、講義と演習(50問)、及び本番さながらの模擬問題(50問+50問)を通してPMP®試験の傾向と対策を学ぶことができます。



プログラムマネジメント実践的活用法
【目 的】
超上流から保守運用まで、複数のプロジェクトを統括し、価値創造と組織力を向上させ る「プログラムマネジメント」について、そのノウハウを事例とケーススタディを通して身に付ける。

【前提条件】
上級プロジェクト・マネジャー及びプロジェクト・マネジャーを監督する立場の上位管理者の方。

【内 容】
  1.IT分野を取り巻く環境変化
  2.これからのIT分野で求められる人材像
  3.複数プロジェクトを統括するプログラムマネジメントとは
  4.プログラムマネジメント標準の概要
  5.IT分野のプログラムマネジメント実践事例
    事例:中堅企業のビジネスチャンス獲得プログラム
    事例:大手生保次期情報システムのクラウド化プログラム
  6.他の手法との違い
  7.ケーススタディ(プログラム構想計画書策定)

【コース日数】
1日



投資と要求に合ったITプロジェクトの見極め方
【目 的】
1)事業戦略、ビジネス戦略、IT戦略のリンケージの重要性を理解する。
2)ビジネス戦略とIT戦略の整合性を実現する、具体的な実現手法を理解し、習得する。
3)プロジェクトの優先順位付け、プロジェクト中止の客観的な説明方法を学ぶ。

【前提条件】
なし。

【内 容】
  1.社会を取り巻く環境変化
  2.ビジョン・ミッション、事業戦略、ビジネス、
    IT要求の価値連鎖方法を体得
    演習1.ベネフィットマップを作成し、戦略とビジネス、
        IT要求との価値連鎖を行う
  3.選択と集中、投資価値の最適化方法を体得
    演習2.プロジェクトの優先順位付けの根拠を論理的に説明する
    演習3.プロジェクト撤退の理由をステークホルダーに論理的に
        説明する
  4.上位フレームワークを知る意味を振り返る

【コース日数】
1日